ワールド外語学院について

VOICE

卒業生の声

HOME > 卒業生の声 > 杉村 陽香さん

杉村 陽香さん

生徒の声 〇〇さん

プロフィール

杉村 陽香 Haruka Sugimura
加納高校2年
クラス:本部教室卒業
    本部高校生クラス


高校2年生時の声

英語はコミュニケーションの道具!!

英語が楽しい!14年位ワールドで英語を習ってきて思う事の一つです。英語はコミュニケーションの道具—と私は思っています。今までワールドで行った海外サマースクールを含め3回ホームステイをしてそれが確かなものになりました。英語が出来ないと多くの外国人と意思疎通を図る事は難しいし、自分の思っている事が伝わらない時はもどかしい気持ちになります。だからもっと英語を喋れるようになりたいと思うし、そう思うと英語を学ぶのが楽しくなります。


今年も1ヶ月間オーストラリアに行って、まだまだ私もぜんぜん喋れないなと思わされました。正直、中1や中3の時より自分は喋れると思っていたけれど、自信は直ぐに粉砕させられました。会話は学校のリスニングで聞く倍以上のスピードで繰り広げられ、さらになまりと俗語が混ざり、オンタイムで会話を返すのはとても難しかった印象が今でも残っています。それでも外国人と話したりするのは好きです。また違った文化や見方を得る事が出来て世界が広がるし、すぐに言葉が出なくても今は自信をなくす事もないと思っています。私は日本人です。ネイティブには絶対なれないし、第二言語として学んでいるのだから自分の力で会話して当って砕けてそれでだんだん話せるようになればと思います。


最近は米俗語を少しずつ覚えるのがおもしろくなり、アメリカやイギリスの子はこんな言葉を使うのかと思って楽しみながら覚えています。 そして映画を見ていて俳優さんの言っていることが少し分かったり、洋楽を聞き流していて、分かるフレーズがあると嬉しくなったりします。それも今、ワールドの高校生クラスで毎週スティーブン先生の日本人の視点から見たら少し早い英語のお陰かなと思っています。ワールドに感謝!これからもよろしくお願いしますね♪


高校3年生時の声

理解できるまであきらめずにやりつづけることが大事。

私は3歳の頃からワールドに通っています。ワールドのレッスンは会話中心なので、中学進学の際には不安になりましたが、ワールドは会話の中で文法を覚えるので、学校で机に向かって勉強するよりしっかり頭に入っている事に気が付きました。何より良いと思うのはリスニング能力がつくという事。学校の授業は日本語で進められ、かつ文法中心の授業ですが、ワールドのレッスンは会話とリスニング・・・・という事は、そのような問題を多く出題する実力テストや高校入試では、培った能力を存分に発揮できると思います。
次は会話能力がどのような場面で役立つかを経験から説明しようと思います。私は今までに2回ホームステイしました。1度目はワールドの海外サマースクールだったので安心でしたが2度目は空港から兄弟(私は中3、妹は中1、弟は小6)の3人のみで行きました。シンガポールでの乗り継ぎは日本語の喋れないスチュワーデスさんに聞きながらでした。さらに現地の学校にも通いましたが、誰と話すにしても全部英語です。1つ例をあげると、4歳のころに習った”Take a bath.”というセンテンスがあります。これが”Will you take a bath, Haruka? ”Take a bath, quickly!” と毎日のように使われるのです。小さい頃は、今から思うといい加減な理由で何度も辞めたいと思ったことがありました。しかし、英語も積み上げが大切であって、幼児期に習う中にも会話に繋がるヒントはたくさんあると思います。


その頃を乗り切れば、あとは英語が楽しくなり、難しい英語の構文も頭に入ってきます。会話が出来るようになると頭の中の「勉強」という意識がなくなるので非常に英語が出来るようになります。今私が思うことは、理解できるまであきらめずやり続けることが大切だという事です。それに時間も必要。その為に幼児期、児童期の英語は大切だと思います。今、私は学校のテストで好成績を修めています。中3の時英検準2級にも合格しました。この結果はワールドのおかげだと感謝しています。これからも英語を続けたい、より喋れるようになりたいので、高校生クラスで来年もよろしくお願いしますね。

  • ワールド外語学院のレッスンについて
  • 体験レッスンのお申し込み
  • 一覧へ戻る
ページトップ